読んでもらえるハガキのDMの特徴

DMを発送する際に、ハガキでの発送を考えておられる方も多いでしょう。インターネットが普及してきたことでネットを介した営業活動や情報発信が盛んになってきましたが、全てが移行してしまった訳ではありません。ネット活用が多い現代だからこそ、ハガキの特性を活かした企業や個人に向けてのDM利用というのも、まだまだ存在しています。またハガキでのDMはネット発信に比べるとコスト面での負担が大きいこともありますので、受け取り側にとって読んでもらえる物を作成していくのは重要なことなのです。受け取った瞬間に読んでもらえるような強いアピールがまずは見やすく書かれているか、又は目を引くようなデザインや色彩などでの工夫がされているかによっても、読まずにそのまま廃棄されてしまうか、目を通してもらえるかが、決まってくるでしょう。

DMのハガキに効果的な客層に利用する

DMにハガキを使うことのメリットとしては、紙媒体の方が見込める相手に出す場合には、こちらの方が成功率も高いので良いことが挙げられます。それは年齢層にも大きく関わってきますが、ネットを自在に操ることができない人が多い世代に向けての情報発信などがそれに当たり、例えば高齢者の多くにはネットを使えない方々もまだまだ多くいらっしゃいます。その世代に向けてはネットでの情報発信をするよりも、従来のハガキでのDMを利用する方が確実に目に届くことでしょう。特に高齢者へ向けての商品開発やサービス展開などをしている方や企業にとっては、まずは彼らとコンタクトを取ることを可能にしていくことができるのです。もちろん、ネットに比べてコストがかかるデメリットを払拭できるような魅力的なハガキを作ることが、その前提としてはあります。

読んでもらえるハガキのDMを工夫して作成する

読んでもらえるハガキのDMを配布することが不可欠ですが、特徴もいくつかあるでしょう。やはり手にしたハガキが色彩やデザイン的に見ても、綺麗で魅力あることは大切です。読む気にさせるかどうかは、このような視覚的な部分にも大きく関わってきているからです。手触り感でもあまり貧弱じゃない紙質というのも大切でしょう。また一番伝えたい文章が、簡潔に目につくようにハガキに表記がされていることも重要です。長々と文章が書かれているだけですと、途中で読むのをやめてしまう方も多いからです。読んでいくうちに、情報発信している商品やサービスに興味を持ってもらわないことにはDMの意味がありません。そしてこのハガキを捨てずに利用すると、割引やサービスが受けられたり、景品と交換してもらえるなどの工夫があるのも読み手に強くアピールができるでしょう。このように最大限工夫して、大きな効果をあげましょう。

見開きA3サイズのふちのり圧着(A4-4P)DMが1万部で印刷、印字、郵便料金込で1通88.9円! 圧着はがきDM印刷、印字、発送まですべておまかせ! DMパックなら月間500万通のDM発送実績あり。 ムダな郵便料金を支払っていませんか?DMパックは広告郵便を利用したお得なDM作成をご提案しています。 屋外での貼り続け可能な耐久性が非常に高いステッカー作成が可能