メールにはないハガキでのDMの魅力

ダイレクトメールというのは、個人や法人宛てに送られる、その企業の新商品の案内やカタログ等を言いますが、最近ではインターネットが世界中に発展している為、メールでのダイレクトメールが多いようです。ですが、ハガキによるDMにも良い所はたくさんあります。一つ言えるのは、ハガキによるDMの場合、新商品がそのまま記入して返信したら購入できるよう、往復はがきになっている場合もあったり、商品に対しての割引券が付いていたりします。封筒による郵送のDMも複数のカタログを封入できますし、色々な案内も封入できるのでメリットはありますが、ハガキの方が手にとってすぐに見てもらえるというメリットがあります。そして、ハガキと言っても別にハガキサイズでなければいけないという事はありません。夏に送るDMであれば、うちわをDM代わりにするという工夫も凝らせます。

DMにハガキを使うことのメリットとデメリット

DMをハガキにする最大のメリットとしては、やはり送った人に手軽に手にとって見てもらえるというところではないでしょうか。そして、圧着ハガキというものもありますが、圧着してある場合だと、中に何が書かれているのだろうといった、手にした人の好奇心を煽ります。そして、色もふんだんに使えるので、人の視覚に訴えかける事が出来ます。あまり興味のない人でも、メールで来るDMや封筒で来るDMより、郵便で来ると手に取ってしまい見入ってしまうのはハガキによるDMなのです。ですが、デメリットもあります。それはやはり郵送代がかかるということです。あとは、ハガキのDMを作成するにあたって、印刷代もかかりますし発送する為の作業に対する人件費もかかってきます。そして、ハガキのDMに掲載する記事を作成する必要がある為、郵送する時期から逆算し、制作期間をきちんと設けなければいけません。

ハガキのDMにしかない魅力をご紹介します

DMというのは、結局は会社にとっての宣伝活動の一環です。自分の会社を知ってもらうきっかけとなったり、自社製品の売り上げ向上のためには、とても重要な宣伝活動なのです。ですが、この宣伝活動にも色々と方法があります。ハガキのDMだけではなく、封筒によるDMの発送、メールによるDMの送信、街中でビラなどを配る方法。封筒によるDMだと様々な種類のカタログや案内を一度に送る事が可能ですが、ハガキよりも作業に時間がかかりますし、発送料金も高くなります。メールによるDMは開かれずに終わったり、迷惑メールとして処理される可能性が大です。そして、街中で配られているビラですが、手にしても中身を見られることなくゴミ箱に捨てられたり、受取自体を拒否されたりします。ですが、ハガキのDMの場合ポストに投函されるので、一度は手に取って見てくれるので、これは他のどのDMにもない魅力の一つかと言えましょう。