生活の中で役立っているノベルティグッズ

職場で使用しているボールルペンには販売文具店の企業名が入っている。店舗開店の折に店側が購入者に配ったノベルティグッズである。価格的には安いものだが、意味不明な商品を貰うよりも日常的に使えるので便利である。また、文具店の記念グッズだけあり使いやすいの筆記用具なのでインクが無くなれば、正規で販売しているタイプのものを購入するように総務の方に伝えている。開店祝いの企業名入りグッズが売り上げに結び付いたのだ。身近にある商品を改めてみてみると案外多くのノベルティグッズに囲まけれていることに気付く。年末年始の挨拶時に業者から渡される企業名入りのタオルや銀行に預金した際に貰うことができるメモ帳など知らないうちに使っている場合も多いのだ。企業側は宣伝や営業のために様々なグッズを作り配るが、一番わかりやすい物と言えばポケットティッシュである。

道を歩いていると時に手渡され受け取った経験をほとんどの人が持っているはずである。強者になると自宅で使用するティッシュは自分で購入せずに街頭で貰うことのできるポケットティシュで間に合わせているほどである。日本人は生活の中では気付かぬうちにたくさんのノベルティグッズにお世話になっているのだと言える。スーパーの飲料水のコーナーに某有名飲料水メーカーのジャンパーを着用したスタッフ数人が新製品のペットボトルのお茶のディスプレイを行っていた。目立つように並べられた数十本のペットボトルの側には購入者にプレゼントされるノベルティグッズが置かれていた。新製品の紹介の時にキャンペーンを兼ねてよく行う販売方法である。グッズは商品の宣伝コマーシャルに使用されているキャラクターなどが印刷された製品で、グッズが欲しい子供が親にの商品購入をねだる場面もよく見かける光景だ。ノベルティグッズの配布は無くなり次第終了になるがこの手のグッズは大量に用意されるため1つの店舗で手に入れ損ねたとして他の店舗に行くとすんなり手に入ることよくあることなのでどうしても欲しいと思うのであれば数カ所の販売店舗を探せば比較的に入手は可能である。

大量販売されるような飲料水の販売促進用グッズは誰もが簡単に手に入れることができるノベルティグッズと言える。あくまでも宣伝用の商品なのでグッズの作りは華奢である。少しの衝撃などでも壊れやすく耐久性がないので実用的に使うには厳しいものである。それでも無料で貰えるものなので人気が高くグッズにつられて商品を購入する人も大勢いるのだ。おまけ商品としてとらえておけば破損をが早くてもあきらめがつきやすいものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*