DMをハガキで出すかメールで出すかの分かれ目は

DM(ダイレクトメール)は、企業側の販売促進の手段として欠かせないものです。また、DMといってもハガキだけではなく、電子メールで送られてくるケースも少なくありません。では、企業側がどのようなものをどのような形でお知らせするのがベストなのでしょうか。その方法は事業内容によって変わってきます。例えば、インターネット通販でのお知らせであれば、オススメの商品をいくつかメールに添付した上で送信すれば、そのままインターネットを通じて利用してもらうことができます。しかし、電子メールの場合は、件名の内容によって安易に不要と判断されたり、迷惑メールと間違って削除されてしまったりするので注意が必要です。対してハガキは、手に取るとすぐに内容が記載されているので、思わず見てしまうということもあります。

DMハガキの特徴や種類について

自宅の郵便受けを開けた時に、よく目にするのは、各種チラシや公共料金のお知らせ、そして企業のDMのハガキです。DMのハガキの中でもよくあるのは、お店の会員登録をした後に割引サービスなどが載ったものが送られてくることです。もう一度お得に利用してもらえることで、リピーターを増やせるのも狙いのひとつなのではないでしょうか。一方で、会員でもないのに見知らぬ企業から突然DMが送られてくることもあります。これは、まずは企業を知ってもらう事もありますが、通信教育や保険、冠婚葬祭など身近にあるものの、なかなか利用していただく機会が見つからない時のきっかけにもなります。そして、受け取った人の中から少しでも興味があれば、その後、資料請求ができたり、商品を購入したりすることができます。

DMハガキのメリットとデメリット

先ほど紹介したように、DMにハガキを利用することで、受け取った側にすぐ内容を見てもらうことができます。更に、新規オープンに合わせてお得な情報と一緒にハガキで送ると、チラシとは違って宛名がついていることで親近感もわき、より印象に残りやすいのも良い点です。会員様向けの情報が載ったDMでも、前に行ったことがあるということで、すぐに内容をチェックしてもらいやすいです。ただし、ハガキということは、受け取る人以外にも内容がどうしても他人に見られやすくなってしまうので、あまり個人情報やプライバシーに反するような内容を記載しにくくなってしまいます。また、情報を載せる大きさも限られてくるので、上手に宣伝やお知らせができるように効率良く考えた上で載せなければなりませんので注意が必要です。